捨てられない者どうし

20141124_231516たまちゃんの遺品を整理していて思った。
その膨大な数、何から何まで捨てられない子だったんだなと、一見なんでもポイポイと捨てて次にいく、猫みたいな性格なふりを演じていたけれど、中学や高校のときの友達からもらった卒業の寄せ書きのノートから、プールで頑張ってもらったたくさんの賞状まで何でもかんでも残ってる。そして僕も捨てられない子。

捨てられないどうしで、なあなあと一緒にづっといた結果かな

たまちゃんは、とても人気ものだし、なんでもできる子
みんな絵がうまいと書いてあった、僕のように何もできないものの妻
になってくれたのは、運がよかったとしか思えないな。
一つ言えることは捨てられない子だったんだね、だから僕も捨てられないで済んだんだと思う。

これは又僕が閉まっておくよ、僕が死ぬときにきっと捨てられるんだろうけど、僕にも捨てられないから。

 

たまちゃん誕生日おめでとう

寂しくてごはん一緒に食べに行くボランティア募集してみたけど、まあいるわけないよね。

別にいいんだ、俺は頑張って生きてるよとお前がいなくてもなんとかやってるからと

そういいたかっただけだから。

それにたまちゃんに変わる人なんていないし、いらないし。

今日で52才だね、でもたまちゃんは、もう歳をとらないんだな。

朝になったら、お墓参りにいくからね。

たまちゃんがいなくなって、主に深夜2時にセブンイレブン行くのが日課になったよ

夜なら車椅子でも迷惑かからないし、散歩がてらにコーヒーのんでね。

毎日忙しいふりしてるよ。

でもさー、人間て神が作ったものとしたら出来損ないだよね。

殆どの人がそうだと思うけど同じ日に死ねないんだから。

残された方はすごく寂しいんだよ。

たまちゃんは天国で遊んでると思うけどさ。

そんなこと書いてたらデカイ地震あったよ。

たまちゃんは俺よりだいぶ年上だったんだなー、俺もたまちゃんの歳くらいでいいよ。

老後なんてロクなもんじゃないしいらないし、相手にもされないだろうし、

どんどんそんな世の中になっていってるよ。