たまちゃん、寂しいよ

いつまでったっても、つらいし悲しいし。

時間がたっても解決できないこともあるんだな。

きっと俺が死ぬまでずっと。

ふと築くと、やさしかったやつはいない。

命にかえてでも守りたい人ももういない。

何をやっても空しいだけだな。

 

ありがとうございます大丈夫です。

今日は5回目の月命日、起きたらお墓にいきます。

深夜に相変らずセブンでコーヒーを飲んでいます。

そしたら、車に乗り降りしてるとき、「大丈夫ですか?お手伝いしましょうか?」

と女性が声をかけてくれた、「ありがとうございます、大丈夫です。」と答えたが、

考えてみたらたまちゃんがいるとき、僕はたまちゃんに任せっぱなしで、

ありがとうの一言もたまちゃんが言っていた、僕はただ頭を下げるだけだった。

思えば、一人ぼっちになって、頑張ってるとき坂道で押してくれたりする女性など

何回かであった、この国の人はやさしい。

この国はまだ大丈夫のようだ。

でも一番やさしいのはこんな俺に長年一緒にいてくれたたまちゃんだけどね。

 

 

老後は思った通りつまらない

45才まあ、俺は特殊なんだろうが十分老後だと思う。

大切な大切な妻には先立たれたし、金持ちになってもいいが喜んでくれる人がいないと

どうでもよくなってしまう。

必死で頑張ってきたんだけどな、20年かかって覚えた技術を使えば悪いことをすれば

金持ちになれるのかもしれんが、悪いことしてまで生きていたいとも思わない。

pcを働かせて小銭を稼ぐていど、昔は何十万になったことも今はもう無理、どこもかしこも

必死みたいだよ、そらー世の中どんどん仕事なくなるもんな、

今日テレビみてたら、ぼくより年寄のじーさんが必至で婚活していた。

中には生命保険死んだらあげるから結婚してくれと必死な人もいた。

寂しいんだろうな、他人事ではないが、それは最後の最後に結婚してくれた、たまちゃん

にそんなしょぼい男と結婚したのかとたまちゃんの名誉のためにもしたくない。

だから、好きでもない人とは結婚しない。

でもわかるんだ話あいてもいなくて、看取ってくれる人も最後にいないってのが

人として嫌なのが、毎日だれかと話していたいんだと。

ほんとにたまちゃんがすべてだった。

この先どうやって生きていくのか、寂しいだけだ。

かわいいたまの為に生きてきたからな。

思い残すことは何もないしな。

 

°c-ute

たまちゃんがいなくなって、すっかり引きこもりになっています。

ニコニコで、https://www.youtube.com/watch?v=PNsvZanJm70

を見つけて気に入って聞いている、45のじーさんがなんかいいと思うんだが、

音楽はつんくがプロデースした°c-uteというグループのものらしい。

なるほど、なんか懐かしい感じがするのもうなずける。

この動画を仕上げたのもきっと僕のようなおっさんなんだろうなと思う。

または、繊細なモデリングを作り上げたのも、今のなんでもコピペで済む時代の子

には労力を考えるとなかなか難しいんじゃないかと、それに昭和の時代このみな

体系、まあ、体がよく動いていいなという、あこがれとたまちゃんもこんな体してたしね。

それで、本家の°c-uteというのを見てみた。

結構古くからいたグループだったみたいだが全然しらなかった。

歌はいいんじゃないかな。

思うんだが、もう、何から何まで完璧でないとなんか満足しなくなってきている世の中の男どもが結婚もしないのって、妄想のなかで完璧を求めすぎているんじゃないだろうか。

エンタティーメントの世界でいうなら、歌も、踊りも、一人の人間がやって満足する時代じゃないんだろうな。

きっと歌は歌、踊りと肉体はそれ専門のほうがうける時代になってきてんだろうな。

最終的には、完璧な理想のものを詰め込んだ、アンドロイドや、培養でうまれた人間をつくって

満足する時代になるのかもねー。

萌え人間培養キットDNAセットなんてできたら結構うれるんじゃないでしょうか?

ま、妄想のいきつく果てですね。